コムデギャルソン・オムプリュス2016年秋冬メンズコレクション戦えない甲冑

(COMME des GAR ONS HOMME PLUS)は、2016-17年秋冬コレクションを、フランス・パリで発表した。 最初に登場したのは、黒の上着に紺のパンツの3人の男。ジボッテガヴェネタバッグコピーャケットの肩には分厚いレザーのヨークが貼られていて、肘から下が別布で切り替えられている。そして、警備中の騎士団のような張りつめた空気を放っている。 その後に続くモデルたちは、頭に大きな花をのせている。ジャケットや燕尾服の肩には鎧のようなカバーが備え付けられていて、袖は可動域に合わせて3つに分割。それぞれ違う色柄、素材が組み合わされていて、本来の鋼鉄ではないカラフルな生地だから、あんまり強そうな印象を受けない。また、背中が燕尾服のディテールになっているシングルのチェスターコートやジャケットは、剣道の袴のようなハの字型の別布(袖と同じように4段になっている)が付けられている。 パンツも同様に複雑かつ立体的な甲冑のパターンを採用していて、黒のプレーントゥも甲の部分に革のパーツを三重にかさねている。前半のメインカラーはブラック。袖のブルー、ボールド、グリーンなどが黒の世界に彩りを与えている。 中盤に入ると、前半のコンセプトをウェアラブルにしたルックが登場。スーツのベースカラーはベージュとグレーに切り替わりディオール靴コピー、肩パッドは外され、袖の切り替えは4つになる。洗いをかけた黒のや燕尾ジャケットは、袖から肩までをカバーしたようなものが被せられていて、とくに後ろ姿が男らしく個性的だ。終盤にさしかかると、肩パッドが復活し、袖の配色がカラフルになり、花柄が増えていく。 最後は、シルバーのリベット使いで甲冑のシルエットを表現した黒一色の男たちがランウェイに。フィナーレでは両手に花束を抱えて登場し、会場は鳴り止まない拍手喝采に包まれた。 TEXT by Kaijiro Masuda(FASHION JOURNALIST)

3月10日発売開始MARNIatHampMルック公開

2012年3月10日(土)から日本で発売されるとの最新コラボレーションコレクション「MARNI at H M」。ついにそのルック・アイテムが公開された。今回はまず発表されたばかりのルックをご紹介。
PHOTOGRAPHER: JOSH OLINS H M 「MARNI at H M」は様々な要素が融合し、遊び心に満ちたコレクションで、MARNIの人気の理由であるディテールやリッチさ、そして無比のクラフトマンシップと同じこだわりを持って作られた。色々な組み合わせが可能なレディースとメンズのとアクセサリーは、MARNIのクリエイティブ・ディレクター、コンスエロ・カスティリオーニがMARNIの豊富なレパートリーから洗練されたアイテムをセレクトし、遊び心のあるスタイルの幅を広げる。
PHOTOGRAPHER: JOSH OLINS H M エレガントかつ、折衷主義にーな魅力を融合したこのコレクションは、ピュアで流れるようなデザインと視覚的なインパクトにアクセントが置かれている。多用されたプリント、あふれ出ているエネルギー、シェイプや柄、素材の並列には、一目でMARNIとわかるブランドの特徴が表現されている。 レディースのカーディガンが7,490円(シルクカーディガンは8,490円)、シルクドレスが8,490円、ドットプリントのジャケットが8,490円シャネルブレスレットコピー~、アクセサリーは1,990円~となっている。メンズのほうは、シャツが4,990円~、パンツが6,490円、コートが15,990円、ネクタイやシルクのアセリーヌスーパーコピークセサリーが1,990円など。このMARNIのデザインでリーズナブルとあって、発売後すぐに売り切れになること間違いなしだ。 また今回、東日本大震災の復興支援のためのチャリティTシャツも登場した。プリントやあどけない子どものようなアップリケのTシャツは、H M JAPAN企画として販売価格の25%を日本赤十字社を通じて寄付されるという。なお、このチャリティTシャツは全国のH Mで発売。 【展開店舗】
H M 銀座店、、、、 ■MARNI at H M レディースアイテムはこちらでチェック
「」 ■MARNI at H M メンズアイテムはこちらでチェック
「」

サルバム201516年秋冬コレクション黒の世界に光る気の抜けた男らしさ

2015年3月21日(土)、(sulvam)の2015-16年秋冬コレクションが、東京・渋谷ヒカリエで発表された。 今回がブランド立ち上げ以来、初めてのランウェイショーとなるサルバム。テーマは特別設けず、自己紹介という意味合いで展開したと、デザイナーの藤田哲平は語った。 ラテン語で即興演奏という意味のブランド名の通り、布の職人や会場を設営する人など、あらゆる人の行動が解け合って発表された今シーズン。パレットはブラックで統一され、パタンナーとして経験を積んだ、(yohji yamamoto)の影響を垣間みるウェアが並んだ。 全体を通して程よく気の抜けた、男の魅力を押し出した本コレクション。セミフォーマルなをオーバーサイズで着こなしたり、短いジャケットからロングシャツを覗かせたりと、サイズ感のバランスで、気持ちのよい緩さを演出した。 ショーの序盤には、袖にをつけたルックが多く登場。ベーシックでクリーンなコートやニットが、少しファンキブルガリブレスレットコピーーさを含みながら輝く。その後にランウェイを彩ったのは、特徴的な布の切り替えのシャツ。腕から肩を覆うように切り替えられた、鮮やかな柄のが、ダークトーンのコレクションに色を添えた。 中盤には、ニットを多用したウェアが。丈が巧みに調整されたセーターの上に、腹巻きのようなニットを。男性的要素が強い今回のコレクションに、女性的なエッセンスをプラスしようとしたようだ。 フィナーレに向かう中、ショーの締めくくりに登場したのがや。適度に光沢のある素材を使用し、気品を演出した。柔らかい生地の感エルメス財布コピーが歩くたびに流れ、 気の抜けた男らしさ を体現したようだった。
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ